Mental-Hack 投資BLOG

素人が一流のメンタルを獲得するためには?

聞こえの良い文章vs堅苦しい数字

私たちは日々言葉を通して様々な情報を得たり、複雑な概念を理解したりします。また、物事を記憶する時も言葉の羅列で覚えたりします。(例えばアルファベットはABCの順番で覚えてるため、全ての要素を知っているにもかかわらず逆順から思い出すことはできない)

株を買う時も、数字でなく文章で作られたストーリーをベースに買っている人は多いと思います。

例えばある人がこういうかもしれません。

「最近ユーチューバーがよくテレビに出演してるからUUUMの株が上がるに違いない」(知りませんが)

これを聞いてあなたはすぐさま、

「確かに!自分がよく見てるユーチューバーの再生回数も最近伸びているし、この人の言ってることは当たってるに違いない!」 

と思ってしまうかも知れません。

 

しかし、このような文章には背景情報がほとんどなく、この文章から入手できるデータは物凄く少ないです。UUUMが実際どれほどの純利益を生み出し、負債はどれくらいあり、またビジネスモデルが本当にこれから先もキャッシュを産み続けれるものかと言ったことが一切分からないのです。にもかかわらず、このようなデータの裏付けのない単なる文章でも信じてその株を買ってしまう人は多いのです。(UUUMについては一切知りませんが)

解決策

分析するときは単なる聞こえの良い物語を作り上げるだけでなく、きちんとデータ(純利益、フリーキャッシュフロー、負債などの本物の数字)に基づいた分析をすべきだと思います。(この辺は理系なら当たり前ですが)