Mental-Hack 投資BLOG

素人が一流のメンタルを獲得するためには?

企業分析 GameStop Corp【GME】

※素人バリュー投資家による簡単な企業分析です

 

株価 15.69ドル ※2/28/2018現在

配当利回り 9.76%

 

バランスシート ※Q3 2018現在の情報、単位は百万ドル 

利益余剰金

2,325

有利子負債

817

自己資本

2,314

総資本

5,474

自己資本比率

0.42

Debt to Equity

0.35

PER

4.67

EPS

3.42

ROE

15.74%

 

☆あんぞうの注目ポイント

  • 有利子負債はなるべく少なく、利益余剰金(内部留保)はなるべく多い方が良い
  • 自己資本比率が0.5以上だと安全、逆に0.1以下は負債が多く危険な企業
  • Debt to Equityは0.5以下が望まれる。それ以上高いと自己資本に対して負債が多すぎる

自己資本比率も高く、Debt to Equityも0.5以下ですので、かなり安全な企業だと思います。ROEが低め?ですが、配当利回りも高いし、増配もしているのでそこはあまり気にしてません。

次に、企業の将来のフリーキャッシュフローを想定し、そこから今の株価でその株を購入した場合に得られる年間のリターン(IRR)を求めました。

結果、今15.69ドルでGMEの株を買うと、年間で15.7%のリターンが期待できます。ちなみにこれは、フリーキャッシュフローが10年間減少し続けたと想定した時の毎年のリターンなので、この銘柄はかなり割安で取引されているといえますね。しかも、このリターンには配当による利益は含まれていないので、実際はもっと多くのリターンが期待できると思います。

 

最後に、GMEの売上の内訳を貼っておきます。

f:id:anzou155:20180301185742p:plain

主な収益は新品・中古ゲームソフト・ハードの販売からきています。それ以外にもゲームアクセサリーの販売もしています。アマゾンなどのネットショップ系の企業やSteamのようなダウンロード版を販売するサービスの影響はかなり受けると思いますが、ゲーム産業自体があまり衰退しない産業だと思うので、まだまだ可能性はあると思います。また、様々な競合が出現している割に売上は5年前からそんなに変わってないし、フリーキャッシュフローもそんなに減少してないことも考えると、やはり良い選択肢だと思いますね。いやー、にしても成長性がないからダメかなー。。。??わからん。

 

では👋