Mental-Hack 投資BLOG

素人が一流のメンタルを獲得するためには?

世界のマーケットにも目を向けるべき理由

世界には日本やアメリカ以外にも様々なマーケットが存在し、様々な指数が存在します。日本の日経225以外にも、インド(BSE SENSEX)や香港(Hang Seng)にも株価指数は存在します。今回は世界のマーケットのパフォーマンスについてざっと見ていきたいと思います。

 

世界の主要マーケットの比較(2009〜)

参考:https://www.advisorperspectives.com/dshort/updates/2018/04/16/world-markets-update

f:id:anzou155:20180417162030p:plain

BSE SENSEX… インド、DAXK… ドイツ、FTSE… イギリス、Hang Seng… 香港、CAC… フランス)

 ※グラフのy軸は対数です(変化率に着目してるので)。また、それぞれの指数の安値を合わせ、その時点から現在までの間でどれくらい株価が変化したか相対的に見ています。

 

簡単な話、リーマンショックにつけた安値からどれくらい成長したかを相対的に比較しているグラフです。

グラフを見てみると、インドのBSE SENSEXが一番成長しています。その次がアメリカのSP500で我らが日経は3番手です。なんだかんだ言って日本ってすごいんですねw

ただアメリカには全然及びません。米国投資がいかにパワフルかこのグラフからも分かってもらえると思います。

しかし

そのアメリカの上を行く国があります!

インドがヤバイみたいな話は聞いたことはありましたが、まさかリーマンショック以降の伸びがアメリカ以上だとは思っていませんでした。とりあえず近所のインドカレー屋さんの店長に媚び売らないとですね🇮🇳🍛

 

まとめ

これからは中国もそうですが、インドの動向もしっかりと追う必要がありますね。もしかしたら今後アメリカを凌ぐ成長をする可能性が大いにあるので、米国投資しかしないみたいな考えに陥らず(これじゃ大衆と同じ考え)、広い視点で世界を見ないといけませんね。

 

では👋