Mental-Hack 投資BLOG

素人が一流のメンタルを獲得するためには?

企業分析 AT&T【T】

素人バリュー投資家による簡単な企業分析です。参考までにご利用ください。

基本情報

AT&Tは主に、消費者や企業向けの携帯電話加入を通じて収益を上げています。また、住宅、中小企業、大企業に固定電話サービスを提供しています。ブロードバンドインターネットサービスは、AT&Tの成長分野です。 AT&Tは2015年中頃に衛星テレビのディレクTVを買収し、米国最大の有料TV会社となりました。 2016年、同社はメディア大手タイム・ワーナーを買収し、2017年末までに契約を締結できると発表しています。

 

以下AT&Tの事業内訳です。最近ではワーナー買収などでエンタメに力を入れていますが、依然企業価値のほとんどは企業向け通信サービスがほとんどを占めています。アメリカの携帯電話市場で大きなシェアを持っていることが一番の強みです。

また、最近ではケーブルカッティングと言って高いケーブルテレビをやめてネットフリックスなどのインテネーットサービスに客が流れているというトレンドもありますが、AT&T企業価値全体で見てみると、ケーブルテレビはエンタメのうちのほんの一部(全体の14%くらい)で、そこの影響はかなり限定的だと思います。

f:id:anzou155:20180513180521p:plain

 

バランスシート ※Q1 2018現在の情報、単位は百万ドル

 

株価 32.29ドル ※5/13/2018現在

配当利回り 6.19%

利益剰余金 55,067
有利子負債 163,046
自己資本 145,920
総資本

446,343

自己資本比率 0.33
Debt to Equity 1.12
PER 19.23
EPS 1.68
ROE 7.69%
Gross Margin 51.36%
Operating Margin 12.74%
Net Profit Margin 6.76%

☆あんぞうの注目ポイント

  • 有利子負債はなるべく少なく、利益余剰金(内部留保)はなるべく多い方が良い
  • 自己資本比率が0.5以上だと安全、逆に0.1以下は負債が多く危険な企業
  • Debt to Equityは0.5以下が望まれる。それ以上高いと自己資本に対して負債が多すぎる

 

自己資本に対して負債が多い(Debt to Equityが高い)。利益剰余金 は毎年増加していて、個人的には好感できます。インフラ事業で大規模な設備投資などを行わなくてわならない割に、ROEが低いのは維持費のための投資が多いからですかね。ただROEは低くても配当が高いので株主へのリターン的には良いと思います。

 

次に、企業の将来のフリーキャッシュフローを想定し、そこから今の株価でその株を購入した場合に得られる年間のリターン(IRR)を求めました。過去のデータから、AT&Tのキャッスフローは今後加重平均で約-2%成長すると想定しました。

結果、今32.29ドルでTの株を買うと、年間で8.0%のリターンが期待できます。さらに配当利回り6%つくと考えるとかなりリターンの良い投資先だと言えると思います。マストバイですね。

 

テクニカル

f:id:anzou155:20180513193947p:plain

AT&Tの週足です。基本的にはエリオット波動を見ています。今がちょうどエリオット波動的に修正波のc波が終わった可能性が高く、移動平均線からも大きく乖離していることから買い目線で考えて良いと思います。長期で保有しても全然良いのですが、一応の利食いポイントとして二つの水平ラインあたりを想定しています。損切りは考えていませんが、リスクリワード的に30ドル切ったらで損切りで良いでしょう。抵抗線にもなっていますしね。

 

まとめ

業績やビジネスモデルも特に悪いわけでもなく、配当利回りも高く、さらに株価も落ちていて割安ですので、これは買いだと思いますね。最近Roth IRAの口座も開いたので(5千ドルしか入ってませんが)そっちの方でも少し買おうかなと思います。メインのアカウントでも1万ドルくらい買って配当+キャピタルゲインで利益を伸ばせたらなーと思います。テクニカル面でも週足、月足単位のトレンドの転換がきてる可能性が高いため、数ヶ月、あるいは数年単位で保有したいですね(税金的にも)。

 

久しぶりの投稿ですいませんm(._.)m

これからは頻繁に更新できるようガンバリマス

では👋